ぴよ丸 成長日記

ぴよ丸の成長日記です。

美女と野獣

皆さん、こんばんは。

サックスプレイヤーぴよ丸です。

 

 

今日は、「美女と野獣」について書きたいと思います。

 

 

美女と野獣

www.youtube.com

 

この、最初の階段のシーン。

寒い中、ドレスを着て撮影しました。

 

階段に手すりがついており、映らないように撮影するのが大変でした。

寒い寒いといいながら、何TAKEも撮りました。

 

 

 

階段のシーンは、「美女と野獣」のMVっぽいものを作るとき、私の頭の中にあった構想でこだわりがありました。

まだコロナ禍になる前に、ディズニーランドで買ったランプの使い所はここだ!と思って、小道具に使いました。

 

 

↓実際使ったランプです↓

www.amazon.co.jp

 

ドレスも、主人公のベルに寄せて、黄色のドレスを選びました。

 

寒かったですけどね笑

 

 

演奏している映像は、近くの森へ行き、撮影しました。

森は、日が差していて、暖かかったです。

そこでも何TAKEか撮りました。

別々の映像を繋げたので、多分作ってくれた恋人はとても大変だったと思います。

 

恋人に、感謝。

 

次からは、どんな風に映像を撮れば良いか、勉強になりました。

それを生かして、また今度映像を撮りたいと思います。

 

 

 

 

美女と野獣は、個人的に昔からとても好きな映画です。

主人公のベルは、本が大好きで夢見る少女です。

私も本が大好きで、幼い私は知らないうちにベルと自分を重ねたりしていました。

 

そして、野獣。

とても醜い姿と表現されていますが、私には可愛く映っていました。

 

ぴよ丸、実はケモナーなんです笑

 

感情までも醜くなって、最初の頃こそベルにきつく当たっていましたが、ベルの優しさで心を開き、図書室を与えるまでに。

当時の私は、本が沢山ある部屋に憧れを持っていたので、羨ましくて仕方がなかったです笑

 

最後の方のシーンではボロボロ泣いてしまったりもしていました。

 

エマ・ワトソン主演の映画も見ましたが、とても感動しました。

 

私も、ベルを見習って、誰にでも優しくできる女性になりたいなと思いました。

 

 

 

上記に書いた様に、「美女と野獣」には思い入れが激しくあり、どうサックスで表現して演奏しようか、迷いに迷いました。

 

 

最初はベルのパート。優しく包み込むように。

次に野獣のパート。雄々しく凛として。

 

 

自分の中で構想を決めて、表現をし、演奏をする。

このことが、いかに大切で難しいか、この曲を通して学びました。

 

 

コロナが落ち着いてきたら、路上ライブなどでも演奏したいです。